So-net無料ブログ作成
検索選択

秩父宮ラグビー場 de NEWS LIVE TOUR 2013 NEWS MAKES YOU HAPPY! MAKES THE WORLD HAPPIER! 2日目 [にうす]

1日目の幸せを引きずって、2日目突入!!
この日はさすがにゆっくり行ったんだけど、天気予報が良くなかった。
夕方から雷雨の可能性が高いと。

一応雨対策はしているし、有る程度の雨も覚悟して出かけたわけですが、
会場に着くと、席がモノスゴーーーク上。
チケット着たときに調べていたので知ってたんだけど、スタンド最後列。
とても見晴らしの良い気持ちの良い席!
これって有る意味ネ申席(笑)神様に近い席ね(笑)

それがそんなにウソでもなくて、始まる頃から新宿方面の空が鉛色。
あれ、あんまり良くない感じ・・・・・・
と思っていると、始まって30分過ぎくらいに、むこーーーの方でピカピカ始まってる。
たぶん、ステージの上からでは全く見えない状況かと思われます。
なんせ、MCでお天気持ってよかったねバリの事を言っているわけで(苦笑)

どんどん黒い雲が近づいてくると、雨もぱらぱら降り出すわけで・・・・

コンサート自体はとてもとてもとても良かったんですよ!!
何せ、2回目だからね(笑)
それに、席が一番後ろなもんで騒ぎたい放題(笑)うちわ高く上げたって怒られないし、
どんだけ暴れても大丈夫!それがまたとっても楽しかったな~~~

順調にステージが進んでいく中、MCタイムにはいよいよ雨が来る予感。 

思わず、荷物を片付けだす私たち。
でも、下のほうの人たちは全く気づく様子がなく・・・・(汗)
レインコートを着て、待ち構えていると案の定雨。

ラグビー場って大きいんだね。
私たちは南側に座っていて、北側から雨がやってきたんだけど、北側から大粒の雨が降り出しているのが見えるのに、
我々のところはまだ小雨。
をーー!!コレが自然か!!!(笑)

コヤマケイイチロウくんのソロ「Beautfl Rain」はまぁまずまずの雨でした。

この頃になると、急に気温が下がりだし、スーーーっと涼しくなりました。
本当に一気に涼しくなったので驚いた!

それでも舞台は続きます。

大好きでたまらなくなっちゃった、2人/130000000の奇跡からのメドレー。
これが終わる頃はそらーーもーースゴイ雨!
雷はまだ遠くでピカッと光ってからゴロゴロが後から付いてくる感じだったんだけど、
ここで、リーダーから「ちょっとまって~~~」の声。
このときはシゲアキくんのソロ前だったので、そのソロを始めるのをちょっと中断。
と言うニュアンスだったんだけど、雨が激しく降るってくるので、なかなかはじめられず・・・・

そんな時マスダくんが、テゴマスのアイアイ傘歌ってくれたり、テゴシー!って叫んで呼んでみたりと、
そういう状況の空気を明るい方向にしてくれようと話しかけてくれている感じ。
コヤマケイイチロウくんは、「この雨を共有できたのは僕たちだけだから!」とかプレミアム感まで演出!(笑)
苦肉の策かもしれないけど、なんか、そういうのもいい感じだった。

ソロ準備していたシゲアキくんもテゴシくんも出てきた。これまた傘も持たずに。 

でも、そんなこんなも長くは続かず、コヤマケイイチロウくんから悲しいお知らせ。

「この雨予報ではあと1時間は続くんですって。
雷もなっているし、今日はここまでで明日また同じ時間にはじめるから来て下さい。」 的なことを、
とってもとっても申し訳なさそうに言っていました。

ホヘ?と思いつつも案外呑みこみが早かった私たち・・・
友達は全員地方から。
どうするの?と聴くと、2人はどうにかする!と。
しかし、もう一人の友達は、絶対に今日のバスに乗って帰らないといけない用事があるという。
残念すぎるよーー!!見られない人がいるなんて!

続いて、スタッフさんから事情説明があり、やはりこのまま中断で翌日に順延となりました。 

コヤマケイイチロウくんからは、
「本当にゴメンネ。僕たちも悔しいです。でもみんなの安全を考えるとね。
 これから規制退場になるけど、僕たち皆ココでみんなを見送るから、気を付けて帰ってね。」
そういって、レインコートも着ず、傘も差さずに4人がステージの上を行ったりきたりしながらお見送りしてくれたそうです。

明日こられない人はどうなるのか?と思っていたら、テゴシくんも同じ事を思ったようで、
後から伝え聞く話によると、「明日こられない人はどうなるの?」とスタッフさんに聞いていたよう。

しかし、この後が結構大変だった。
号泣する子多発!それに伴い過呼吸を起こす子も。
さっきも言ったけど、急に気温が下がった上に雨がジャンジャン降っていたもんだから、
準備の悪い子はずぶぬれで震え上がるほど。そうなりゃ当然低体温症も起きるよね。
見に行くほうもちゃんとそれを考えなきゃダメだっていう証拠だと思うわ。
天気予報であれほど言っていたのに、何も持ってこないのはやっぱりいけないと思う。
準備万端だったとしても、寒かったりするんだから。自然を舐めちゃいけないぜ!娘さんたち!!!

一方NEWSくんたちは、みんなくまなくステージを歩き、ファンの様子を見守るわけです。
後は話を聞いたところで、NEWSくんたちが声かけたり、ファンの子同士で助け合ったりと言うことがあったようです。
何度も「ごめんね」を言っていた。でも、ゴメンネは言わなくていいと思うんだ。
だって、天候は誰の責任でもないんだもの。確かに翌日来られない子には辛い決定だとおもうけど。
そういう子たちに「ごめんね」を言いたい気持ちは分かる。
その他にも何度も「明日も来てね」「風引かないでね」「体調にはきをつけてね」ってずぶぬれになりながら言ってた。
優しい兄ちゃんたちだな。NEWSって!!!

私たちは、結構早く出てこられたので、状況が悪くなるのをあまり見ていなかったんだけど、
出てくる途中で何人か運ばれる子を見たのは事実です。
後から報道で知るところによると、結構な人数が手当てを受け搬送されたようですが、
全員大事には至らなかったとの事。これはひとえに皆の協力だったと思いますよ。
ないに越したことはないけど、起きてしまったのなら、最小限で食い止められたらそれが良いわけで。
これはみんなの力でしょう。翌日のMCでもコヤマケイイチロウくんが言っていましたよ。
「ファン同士で助け合う姿をみて、NEWSファンは温かいな!って思った」って。 

なんかさ、このことを思い出すたびに、胸がキューンとなるんだよね。 
どうにも一筋縄ではいかないNEWSではありますが、そういう状況でも皆強いよ。
タレントもファンも!(笑)そしてまたタレントとファンとファン同士の絆が深まるわけです。

あまりない経験だったし、無い方がいいに決まっているけど、コレもまたいい経験でステキな経験だったなって。

そして、Liveは翌日のリベンジへと続くのでした。

今日はコレまで! 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。