So-net無料ブログ作成
検索選択

横浜アリーナ de テゴマス4th LIVE「テゴマスの青春」 [にうす]

ノーーー!!!寝てしまった・・・・昼過ぎに家に帰ってきてから寝てしまったーーーー!!!!

ということで、金曜日はガムシャラとテゴマスの豪華2本立てはしご、昨日はテゴマス2公演でした。
体力を使い切ってしまったようです。ハイ。

ガムシャラはまた書くとして、とにかくテゴマスさんですよ!
ワタクシがJの道に迷い込むきっかけを作ったのは彼らでした。
特にマスダくんです。
マスダくんが居なかったら、今の私はおりません。
きっと、今でも香港芸能を生暖かく見守っていたことでしょう。いや、今もコッソリ見ているけど(笑)

ワタクシはテゴマスの1stは見ていないので、2ndからの参戦です。
毎度バンドのスゴさに心奪われます。
はじめてみたとき、センターステージに居る2人を見ないで、メインステージに居るバンドを食い入るように見てしまったことを忘れません(笑)
そして、それにドンドン追いついてきたテゴマスに驚かされます。

完全にアイドルのLiveを逸脱した(笑)Liveでした。
一番上の人まで届くように。
と言う心意気は全く代わらずでも、それが本人たちが動くことによって感じさせていた身近さというのを
今回はほとんどしません。少しはあります。でも、他のJさんたちのコンサートを考えたらないのと同じくらいの少なさです。

今回私たちの席はあまり良い席ではありませんでした。3回見たけど、いずれも遠い席だったのです。
会場に入った瞬間、花道もない、バックステージも、センターステージもない会場。
正直エーーーー!!!って思った。
ケド、幕が開いてみたら、なるほど。と思うことの連続。 

まぁ、正直横浜アリーナのサイズでやるべきことだったかどうかはわからないんだけど、
テゴマスは本当はずっとコレをやりたかったんだろうな。ということはよく分かりました。
ステージにね、バンドが控えていてそれを背負って歌うわけですよ。
本来の音楽の聞かせ方です。

今、コレをジャニーズでやるのって、マッチさんとか堂本剛くんのソロくらいでしょう。
それを、テゴマスがやるわけです。恐ろしいくらいの覚悟と自信が無いとできないはず。

テゴマスはアイドルである以上にアーティストなのです。

見ていて思ったのは、ゆず、コブクロ、B'z???見たいな(笑)
いや、造って歌っている人たちと一緒にするのはいかがなものかとも思うし、
作らない代わりに、想像もつかない振り幅で歌うテゴマスはそれはまたどのアーティストでもできることではないとも思うわけで、やっぱり一緒にできないなって思って見たり。
でも、見た目は正直そういう感じ(笑)

とにかく、カワイイテゴマスというところではなかったなぁ。

「音楽を聞かせる」と言うコンセプトは十分伝わりました。
そりゃ銀テも振りモノも要りません。必要ないアイテム。 

アレさ、立ってペンラ振るコンサートなのかなぁ。
いっそ座ったまま必要な時だけペンラ出せばいいんじゃないのかなぁ。
そればかりがちょっとフアフアした感じでした。どっちかでいいと思うんだけど、そこだけがはっきりとしなかったかなぁ。
椅子に座って聞いているとさ、段々気持ちよくなってくるわけよ。
でさ、目なんかつぶっちゃったらそのまま寝ちゃうんじゃないかってくらい気持ちいいの。
この感覚は、ううじんちゃん以来だ。
つまらないんじゃないの。心地よすぎるわけ。
昇天してしまう感覚(笑)

なんかね、「テゴマスはNEWSとは違うんです。NEWSの振り幅ではありません」というのを、
言葉ではなく態度で教えてもらった気がします。
今までは、NEWSの派生ユニットと言うイメージがあったし、テゴマスやってるときはNEWSお休み。
みたいのが、当たり前になってたけど、物理的に可能だったら同時進行でもありなんではないかという気にしてくれた。

ヲタだけに見せるのが本当にもったいないLIVEだったなー。
もっとしらない人に聞いてもらいたいし見てもらいたい。
どんなオトナにも受け入れてもらえる音楽を作っていると思います。
もちろん、それはバンドも含めてなので、テゴマスだけがそれを造っているわけでは有りません。
とにかく、バンドが上手いし、それに対して引けをとっていません。
成長しています確実に!

なんかさ、ライブハウスとかの対バンイベントとかにコッソリ出て欲しいよ。
全くヲタが居ないところで、テゴマスを知らない人の前でやってほしいなーーーー。

まぁ、ムリだろうケド。

ジュニアの子やJUMPちゃんたちも見学に来ていた模様。
とても衝撃だっただろうなー。ジェシーなんて微動だにしないで見ていた。
彼は勉強家で色々見ているという話は聞くけど、てごにゃんがスキだから、尚更楽しみだったはず。
今一番聞きたいのは、ジェシーの感想だ(笑)

私もマイク通さずに歌った「青いベンチ」は震えた。
横アリ、結構大きいですよ。でも、一番対面で見たときでも、ちゃんと声が聞こえた。
静寂の中、2人の声とギターとピアニカだけ。
cafeでの生歌ライブは沢山見てきたけど、横アリはないでしょ(笑)
スゴイの一言でしたよ。

次のテゴマスがどんなになるのかとてもとても楽しみ!
ただ、コレを見た高校生くらいのファンは何て思うんだろうか?とは思ったけど。
でも、いいのかもしれない。テゴマスはそういうものです。という事を受け入れるだけだし。
テゴマスと大人になればいいよ。若いファンちゃんたち!(笑) 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

いのちゃん

こんにちは。
私も思いました!いっそ、みんな座って見たほうがいいのではないかと。
私が行ったのは大阪のフェスティバルホールだったんですけど、立つ必要あるのかな?と。
実際、私は足腰がしんどかったこともあり、途中ちょこちょこ座ってたんですけど。双眼鏡野鳥の会してたので、余計じっと座っていたかったのですけども。
もういっそ、トキオのうちわ禁止同様、テゴマスもスタンディング禁止とかにしたらどうかしら?
by いのちゃん (2014-04-02 01:21) 

Mocchie

いのちゃんさん
こんにちわーー!コメントありがとうございます!
いいなー!激戦のフェスティバルホールで見たなんて!(笑)
なんか、やってる方も見てる方も立つのが当たり前立たせるのが当たり前みたいな感覚があるんですよ。
ダンスナンバーはやっぱり立って聞きたいし、それ以外は立っている必要がなければ座ればいい。ただそれだけなんだけど、ずっと立ってなきゃいけない義務感的なものと少しでも近くに!的なものが混在しているのも確かだと思うんです。
ぜひ一度ずっと座っているだけのコンサートもやっていただきたい。さだまさしみたいな(笑)
きっと絶対に革新的!なはずですよね!
by Mocchie (2014-04-03 11:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。